Piacente Beauty Laboratory
For Piacente group member 本当のキレイをつくる研究所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏の成分表示を見て購入してる?
天然成分配合!!だからお肌にも環境にもやさしい…最近よくみられるキャッチ。
そこだけをみて、安心して購入していませんか?
裏側の成分表示をみて購入している人はどのくらいいるでしょうか?
裏にはその製品に含まれる成分全てが、配合の多い順番に記されています。

一つ、例を挙げてみてみましょうか。
普通に薬局で売っている子供用のローション。
水、BG、グリセリン、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリン…etc,etc
もう、意味の分からない単語が並んでいます。

なかでも、BGは特によくある成分です。由来は石油。植物のエキスを抽出したり、保湿効果もあります。無味、無色透明、無臭です。しかし、BG(1、3ブチレングリコール)の取扱注意事項の応急処置の欄にはこうかいてありました。

“皮膚についた場合は大量の水で洗って下さい。 目に入った時は、15分以上流水で洗った後、医師の診断を受けてください。 吸引してしまった時は、新鮮な空気をすわせてください。”

は? それが、普通に、子供の使うローションや、シャンプーに含まれてるの?それに、結構上位に書かれているじゃない。

ぜひ、家の中にある物の裏を見てみてください。BGっていう表記が必ずっていうくらいありますから。化学物資がはいっているのか、どうなのか、宣伝はほんとうなのか、見極めるひとつの成分としてBGを覚えておくと、便利です。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。